本日のマーケット情報
日経ドル建平均 日経平均PBR 日経平均PER 東証1部 全銘柄株式益回り 今日の新興マーケット! JASDAQ平均 J-STOCK INDEX JASDAQ INDEX マザーズ指数 ヘラクレス指数
プロフィール

まさちゃん

Author:まさちゃん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月4日のマーケット
4日
日経平均株価 17973.42 (+14.54)
出来高 25億5192万株
売買代金  3兆2692億円

4日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸。前週末比14円54銭高の1万7973円42銭だった。
朝方は前週末1日の米株高や外国為替市場での円安基調、1―3月期の法人企業統計で全産業の設備投資額が過去最高額だったことなどを支援材料に、上げ幅が100円を超えて始まった。前場中ごろまで1万8000円台を維持したが、その後中国株式市場で上海総合指数が大きく下落したことで利益確定や戻り待ちの売りが強まった。後場中ごろからは1万8000円を割り込み、きょうの安値引けとなった。東証株価指数(TOPIX)も3日続伸。
東京株式市場では、上値の重い展開。為替相場の落ち着きを受け、買い物がちに平均株価は午後1時32分に1万8035円73銭(前週末比76円85銭高)まで値を戻したが、その後は手掛かり材料に乏しく、もみ合い商状が続いた。後場取引開始の中国株式市場で上海総合指数が再び下げ幅を広げると利益確定売りに傾き、前場安値1万7979円39銭(同20円51銭高)を下回った中でも鉄鋼、海運などが継続物色され、現物株指数を下支えした。
市場では1万8000円攻防の動きだが、基調は強い。1~3月期企業法人統計が予想を上回り、先行きの景気拡大に期待がもてるようになってきた。海運から鉄鋼への循環物色も進み、上値挑戦の可能性が高まっている。しかし、先物は週末のメジャーSQ(特別清算指数)算出を前に期近から期先へのロールオーバー(乗り換え)の動きが中心であり、動きづらいとの声が聞かれた。

新興株式市場は、まちまち。
ジャスダック平均が11日ぶりに反落。マザーズ指数も3日ぶりに反落、ヘラクレス総合指数は3日続伸した。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり913、値下がり673、変わらず141。
業種別は33業種中、値上がり24業種、値下がり9業種
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dicamera.blog93.fc2.com/tb.php/71-ddf3b3b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。