本日のマーケット情報
日経ドル建平均 日経平均PBR 日経平均PER 東証1部 全銘柄株式益回り 今日の新興マーケット! JASDAQ平均 J-STOCK INDEX JASDAQ INDEX マザーズ指数 ヘラクレス指数
プロフィール

まさちゃん

Author:まさちゃん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月17日のマーケットと株価材料
17日
日経平均株価 16955.31 (-182.61)
出来高   19億1471万株
売買代金   2兆6285億円 
 
17日の東京株式市場で日経平均株価は続落。終値ベースで1日以来、約2週間ぶりに1万7000円を割り込んだ。前日16日の米株式相場が続落したこともあり、米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の再燃を受けた外国人売りがきょうも継続。幅広い銘柄が売られ、朝方から安い水準での推移が続いた。東証株価指数(TOPIX)は大幅に続落。日経平均をTOPIXで除したNT倍率(大引け時点)は10.59倍と、2002年5月20日(10.61倍)以来の高水準を付けた。信用収縮懸念から、外国人投資家はリスク資産の圧縮を急いでいるとみられ、前日に続いて大手銀行やその他金融、証券など金融株が大きく下落した。海外ファンドの決算対策の売りなども出ていたといい、鉄鋼や海運、建機など好業績期待の強い銘柄も利益確定や換金売りに押された。半面、前日の米ヤフーやインテルの業績発表が支えになり、ハイテク株の一角が逆行高となった。
先行き不透明感から買い意欲が乏しいなか、後場中ごろには、インド株式相場の急落と円相場の上昇を嫌気した売りが加速し、下げ幅を342円まで拡大する場面があった。ただ、その後は急落の反動から押し目買いや売り方の買い戻しも入り、大引けにかけてはやや下げ渋った。
市場では、もともと主体性のない東京市場が外部要因によって振らされた格好だ。後付けの印象は否めない。要は福田内閣に対する催促相場の意味合いが強い。しかも、サブプライムローン問題が今後の国内金融機関に与える影響が読めず、不安は残ったままだ、インド株安はきっかけにすぎない。インドにしろ、中国にしろ、これ以上の上昇相場はバブル状態。いずれ悪影響を及ぼしかねない状況にあっただけに、是正の動きが起こっても不思議ではないとの声が聞かれた。

新興株式市場は続落。マザーズ指数は前日比プラスの場面もあったが、日経ジャスダック平均とヘラクレス指数は終日さえない展開だった。
世界的な株安懸念が強まっており、新興市場も売りが優勢な展開となった。
市場では上昇ピッチが早かったことの反動もあると思うが、世界的に警戒感が出ており不安定な展開になっているとの声があった。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり280、値下がり1376、変わらず63。
業種別は33業種中、値上がり5業種、値下がり28業種

《今日の株価材料》
・米国株、高安まちまち――ダウ20ドル安、ナスダック28ポイント高 原油・住宅が重し
・NY原油、小反落――11月物1バレル87.40ドル、最高値後に利益確定
・化学・素材大手、次世代デジタル素材を量産――住友化や三菱化学、家電向けなどで主導権
・新日石、10月の原油調達コスト1リットルあたり4.8円増見通し――ガソリン最高値更新も
・JR西日本・九州、新幹線を大阪―鹿児島間で直通運転――11年春
・ソニー、来年3月メドに東芝へ半導体設備売却――きょう発表
・米ジェムスター、テレビ録画予約技術「特許侵害」で東芝を提訴
・エルピーダ、DRAM製造で300ミリ完全移行前倒し――コスト競争力向上
・DRAM最安値を更新――10月前半のパソコン用大口価格、供給過剰感強く
・三菱電、太陽電池ライン増強――生産能力250メガワット体制
・大陽日酸、米でヘリウム生産――世界的な不足に対応
・日東電、高機能樹脂材料を20億円投じ増産
・トヨタが47万台リコール――「クラウン」「シエンタ」など13車種
・HOYAの9月中間営業益10%減に――従来計画上回る
・双日の今期経常益8%増へ――自動車販売が好調
・スタンレーの9月中間営業益が過去最高に――自動車用照明機器が好調
・日本高純度の今期配当8000円の公算――配当性向40%目標
・JR東日本が大災害債券発行――首都圏地震時、迅速に資金手当て
・トランスコスの9月中間営業減益幅が縮小へ――事業立ち上げ費用が想定下回る
・極洋の9月中間営業益12%減に――「買い負け」響く
・松竹の8月中間経常黒字7億円に――「ゲゲゲの鬼太郎」など映画ヒット
・トキメックの9月中間経常益2.2倍に――船舶機器伸びる
・ゴールドクレの9月中間経常益34%増――マンション販売が順調
・レナウンの8月中間最終赤字30億円――天候不順響く
・ガリバーの8月中間経常益8%増――販売単価が改善
スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dicamera.blog93.fc2.com/tb.php/184-e68d0dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京株式 市場 5月情報

国内初の「三角合併」≪M&Aと企業防衛≫... シティの東証上場が計画通り進めば、日興株主は東京株式市場でシティ株を取引することができる。 三角合併 昨年5月に施行された会社法に盛り込まれた企業買収の... 東京株式市場の動きを追う【2007/10/24 06:33】

樹脂樹脂(じゅし)*天然樹脂:樹皮より分泌される不揮発性の固体または半固形体の物質のこと合成樹脂:有機化学の発達により合成されるようになった、天然樹脂と良く似た性質を持つ物質のこと。今日では単に樹脂といった場合には合成樹脂を指すことが多くなっている。.wikilis{ 化学物質いろいろ【2007/10/25 16:57】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。