本日のマーケット情報
日経ドル建平均 日経平均PBR 日経平均PER 東証1部 全銘柄株式益回り 今日の新興マーケット! JASDAQ平均 J-STOCK INDEX JASDAQ INDEX マザーズ指数 ヘラクレス指数
プロフィール

まさちゃん

Author:まさちゃん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月12日のマーケットと株価材料と今週のスケジュール
12日
日経平均株価 17331.17 (-127.81)
出来高   19億2298万株
売買代金   3兆152億円 
 
12日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落。週初から前日までに約400円上昇した反動で幅広い銘柄に利益確定や戻り待ちの売りが出た。11日の米株の下落を嫌気して、ハイテクや自動車といった輸出関連株への売りも目立った。半面、海運や商社の一角など、新興国の経済発展の恩恵を受けやすい銘柄には押し目買いが入り、相場全体を下支えした。東証株価指数(TOPIX)は反落。
週末に加え、12日は高値警戒感から上海や香港、シンガポールなどのアジア各国・地域の株式相場が大幅に下落しているため、後場は主力株中心に目先筋の持ち高整理の売りが一段と優勢となり、日経平均は180円近く下落する場面があった。ただ、200日移動平均(1万7309円)が下値支持水準として意識され、大引けにかけては下げ幅を縮めた。
市場では、アジア、米国市場と高値警戒感が出始めているが、サブプライムローン問題のような大きな悪材料が出ない限り、神経質になる必要はないのではないか。来週の米インテル、ヤフー決算などを見極めた上、方向性を探りたい、ミニSQ(特別清算指数)に絡む需給要因があったにしろ、昨日の上げが異常だった。相当量の買い戻し、裁定買いを巻き込んだ偏った相場と言える。世界的にリスクに対して鈍感になっており、早めにガス抜きをした方が良いとの声が聞かれた。

新興株式市場はまちまち。日経ジャスダック平均、マザーズ指数が反落。ヘラクレス指数は小幅続伸した。
市場からは前日上場のソニーフィナンシャルホールディングスが上値追いとなり、資金の回転が利いている。個人のセンチメントが改善し大きく崩れる気配は無いとの声があった。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり333、値下がり1319、変わらず71。
業種別は33業種中、値上がり3業種、値下がり30業種

≪本日の株価情報≫
・前週末の米国株は上昇、ハイテク株が反発――NY原油4日続伸
・企業年金の4―6月期利回り0.96%に、サブプライム響く
・エプソン、年内にも有機ELに参入――寿命液晶並みに
・米主要500社、7―9月期は5年半ぶり減益の恐れ――金融・住宅が不振
・キリンHD、傘下のキリンファーマが米国で相次ぎ治験開始
・トピー、建機向け部品を増産
・新薬承認を1年半程度に大幅短縮、11年度までに審査短縮――政府方針
・新日鉱HD傘下の日鉱金属と三井金属、銅鉱山開発でペルー・チリに2000億円投資――国内消費の3割確保
・投資信託の新規設定が急減、金商法の影響で銀行など販売手控え
・ノーベル平和賞にゴア氏、温暖化問題を啓発
・首都圏の鉄道自動改札ダウン、ICカード会社にリスク――信号株4%下落
・三菱東京UFJ銀、窓販全面解禁に備え生保から300人出向
・アジア通貨10年ぶり高値、好調な経済背景に――米国依存低下で自立の動き
・エルピーダと東芝、韓国サムスンの投資上積みに追撃――半導体投資競争再び激化、DRAM価格一段と下落も
・三井物と丸紅、国内水道事業から撤退――海外市場に注力
・ソフトバンク、街頭の画面に動画無線配信の新事業
・ニトリ、住宅リフォーム市場に参入――システムキッチンを独自開発
・JAL、早期退職180人の計画上回る応募
・トヨタ、カローラの世界生産150万台に引き上げ――南アや中国で拡充
・浜ゴム、建機用タイヤ増産――広島の工場に100億円投資
・フタバ、インド進出――スズキ子会社と共同で生産子会社
・TDK、9月中間純利益28%増に――磁気ヘッドの受注回復
・東エレク、7―9月期受注高13%減――期初計画を350億円下回る
・住生活G、9月中間経常益21%減に――住宅用サッシ落ち込む
・日立プラ、08年3月期は最終赤字に――業績悪化の子会社解散費用で
・三井鉱山、08年3月期経常益2.2倍予想――コークス事業の収益拡大

≪今週のスケジュール≫
 15日
  国内
  ・日銀支店長会議
  ・8月鉱工業生産改定値
  ・8月設備稼働率
  海外
  ・米10月NY連銀製造業景気指数
 16日
  国内
  ・9月首都圏マンション発売
  海外
  ・米10月住宅市場指数
 17日
  国内
  ・8月第三次産業活動指数
  ・8月景気動向指数改定値
  海外
  ・米9月消費者物価
  ・米9月住宅着工
  ・米9月着工許可
  ・米地区連銀経済報告
 18日
  国内
  ・9月日本製半導体製造装置BBレシオ
  海外
  ・EU首脳会議
  ・北米9月半導体製造装置BBレシオ
 19日
  国内
  ・なし
  海外
  ・香港市場休場
  ・G7財務相・中央銀行総裁会議
  
≪IPO情報≫
15日
3248 アールエイジ
19日
3090 ナチュラム
3250 エー・ディー・ワークス
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dicamera.blog93.fc2.com/tb.php/181-465346a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。