本日のマーケット情報
日経ドル建平均 日経平均PBR 日経平均PER 東証1部 全銘柄株式益回り 今日の新興マーケット! JASDAQ平均 J-STOCK INDEX JASDAQ INDEX マザーズ指数 ヘラクレス指数
プロフィール

まさちゃん

Author:まさちゃん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月21日のマーケットと今週のスケジュール
21日
日経平均株価 16312.61 (-101.18)
出来高   19億3679万株
売買代金   2兆6320億円 
 
21日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶり反落。前日の米株式相場の下落や円相場の上昇が警戒された。大手銀行や消費者金融などの下げが目立ったほか、自動車やハイテクなど輸出関連銘柄もさえなかった。東証株価指数(TOPIX)は続落。下げ幅は14ポイント強だった。
原油相場上昇による米インフレ懸念が指摘され、前日の米株式相場が下落。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が米下院での証言で信用力の低い個人向け住宅融資「サブプライムローン」に端を発した金融不安に警戒感を示したとしてドルも売られた。米株安と円高が重しとなったほか、海外投資家の売り観測も加わり、朝方に主力株を中心に売りが膨らんだ。その後は様子見ムードが強まり、日経平均は1万6300円を挟んで小動きに終始した。きょうは9月中間配当などの権利付き売買最終日だったが、明日からの3連休を前に積極的な売買が控えられた。
市場では、業績懸念から銀行、ノンバンクに外国人売りが目立つ。米実体経済は依然として不透明であり、一段のドル安警戒から、輸出株にもヘッジ売りの動きが出ている、欧米市場に比べれば、日本も戻ってしかるべきだが、どうやら外国人投資家にとっては魅力的に映らないようだ。国内投資家も海外に目を向け、自国に資金を入れず、活力が生まれないなどの声が聞かれた。

新興株式市場は、日経ジャスダック平均、マザーズ指数、ヘラクレス指数はいずれも小幅続落となった。
市場では個人投資家のマインドが冷え込み、資金の動きが鈍っている。業績予想の修正程度しか手がかり材料が無いとの声が出ていた。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり488、値下がり1142、変わらず94。
業種別は33業種中、値上がり10業種、値下がり23業種

≪今週のスケジュール≫
 24日
  国内
  ・東京市場休場(「秋分の日」の振替休日)
  海外
  ・なし
 25日
  国内
  ・ 8月企業向けサービス価格指数
  ・ 8月日銀金融政策決定会合議事要旨
  海外
  ・米7月S&P・ケースシラー住宅価格指数
  ・米9月コンファレンスボード消費者信頼感指数
  ・米8月中古住宅販売
 26日
  国内
  ・8月貿易収支
  海外
  ・米8月耐久財受注
 27日
  国内
  ・2年国債入札
  ・9月商工中金中小企業景況観測
  海外
  ・米4-6月GDP確定値
  ・米8月新築住宅販売
 28日
  国内
  ・8月失業率
  ・8月有効求人倍率
  ・8月全国消費者物価
  ・9月東京都区部消費者物価
  ・8月家計調査
  ・8月商業販売
  ・8月鉱工業生産
  ・対内直接投資規制施行
  海外
  ・米8月個人所得
  ・米8月個人支出
  ・米9月シカゴ購買部協会景気指数
  ・米9月ミシガン大学消費者信頼感指数改定値
  ・米8月建設支出
スポンサーサイト

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dicamera.blog93.fc2.com/tb.php/169-3a4822a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。