FC2ブログ
本日のマーケット情報
日経ドル建平均 日経平均PBR 日経平均PER 東証1部 全銘柄株式益回り 今日の新興マーケット! JASDAQ平均 J-STOCK INDEX JASDAQ INDEX マザーズ指数 ヘラクレス指数
プロフィール

まさちゃん

Author:まさちゃん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月31日のマーケット
31日
日経平均株価  16569.09 (+415.27)
出来高   18億4006万株
売買代金   2兆6696億円 
 
月末と週末が重なった31日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続伸。
8月14日以来約半月ぶりの高値。株式投資信託の設定や機関投資家の「お化粧買い」といった需給関係の改善を受け、輸出関連の主力株中心に幅広い銘柄が買われた。「ブッシュ米大統領が米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に関し、対策を発表する見通し」と伝わると後場は株価指数先物主導で一段高となった。東証株価指数(TOPIX)も大幅に続伸し、8月14日以来約半月ぶりに1600台を回復した。
日経平均の週末の上昇は6週ぶり。朝方発表の7月の鉱工業生産指数(速報値)と同全国の消費者物価指数(CPI)は市場予想平均と同じだった。無難な数字だったため買い安心感を誘ったという。後場は株価指数先物に買い戻しが続き、日経平均はチャート上の節目とみられている25日移動平均(1万6525円)を上回った。
後場の東京株式市場では、全面高商状。平均株価は終値で前日比415円27銭高の1万6569円9銭と大幅続伸に高値引けし、25日移動平均線(1万6525円)を回復した。外資系メディアでブッシュ米大統領が現地31日に米サブプライムローン(信用度の低い顧客向け住宅融資)借り手に対する救済案をまとめるとの情報が流れ、時間外取引のGLOBEX(シカゴ先物取引システム)でS&P500種株価指数先物、ナスダック100株価指数先物ともに上伸し、市場心理が好転した。大引け段階で大口バスケット買いが観測されたことも先高期待につながった。東証1部の業種別株価指数では33業種すべてが上昇し、値上がり銘柄数は全体の9割に達した。
市場では、サブプライムローン救済案と円安がプラスに働いたが、問題は救済の財源をどこから捻出するかだ。きょうは期待先行の印象が強く、今晩のバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長講演で目新しい話がなければ反動が出る可能性もある。サブプライムは根深い問題であり、まだ予断を許す状況にはないとの声が聞かれた。

新興株式市場は、堅調。ジャスダックス平均は続伸、マザーズ指数、ヘラクレス指数が反発。
週末、月末とあって全般は方向感に乏しく、引けにかけては東証1部に牽引され上昇した。フレームWXの管理ポスト入り、TFPコンサの大幅下方修正などネガティブな材料が多く新興市場への投資マインドを冷やしている面もあるようだ。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり1559、値下がり99、変わらず58。
業種別は33業種中、値上がり33業種、値下がり0業種
スポンサーサイト

テーマ:株式投資の極意を学ぶ - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dicamera.blog93.fc2.com/tb.php/153-de7bcb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。