FC2ブログ
本日のマーケット情報
日経ドル建平均 日経平均PBR 日経平均PER 東証1部 全銘柄株式益回り 今日の新興マーケット! JASDAQ平均 J-STOCK INDEX JASDAQ INDEX マザーズ指数 ヘラクレス指数
プロフィール

まさちゃん

Author:まさちゃん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月10日のマーケット
10日
日経平均株価  16764.09 (-406.51)
出来高  33億5413万株
売買代金   4兆7156億円 
 
10日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落。信用リスク懸念から前日の欧米株式市場で主要株価指数が急落したことを受け、幅広い銘柄が売られた。外国為替市場での円高・ドル安傾向も重しとなった。後場にかけて日経平均は一時500円超下落し、3月5日に付けた年初来安値(1万6642円25銭)にあと9円まで迫る場面があった。東証株価指数(TOPIX)も大幅反落。大引けは前日比49.88ポイント安の1633.93で、1月11日に付けた1656.72を下回り年初来安値を更新した。
前日の米株式市場で金融株が売られた流れを受け、東京市場でも銀行株などが下げた。市場では、前日と同じくヘッジファンドの解約売りが出ているとの声が聞かれた。サブプライムローン問題を受け、ECB(欧州中央銀行)、FRB(米連邦準備制度理事会)、日銀と迅速に資金供給に動いたが、逆に不安感を抱かせる要因でもある。優良顧客受けのプライムローンに飛び火しないとも言い切れず、相当根深い問題だ。米個人消費が落ち、住宅投資が冷え込み、さらに資産価格が下落するという悪循環に陥る懸念もあるとの声が聞かれた。海運・商社・鉄鋼株など、このところ物色の矛先が向かっていた銘柄は下げ幅が大きかった。
業種別では、その他金融業や海運業などが下げた。一方、水産・農林業や電気・ガス業など3業種が上げた。

新興株式市場は軟調。ジャスダック平均とヘラクラス指数が年初来安値を更新、マザーズ指数は指数算出開始以来の安値を更新した。
市場では世界的な株安の影響で不安心理から換金売りが先行した。割安権に入った銘柄も多いが、先行きが不透明で押し目買いが入りにくいとの声が上がっている。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり235、値下がり1445、変わらず44。
業種別は33業種中、値上がり3業種、値下がり30業種
スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dicamera.blog93.fc2.com/tb.php/136-9091426c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。