FC2ブログ
本日のマーケット情報
日経ドル建平均 日経平均PBR 日経平均PER 東証1部 全銘柄株式益回り 今日の新興マーケット! JASDAQ平均 J-STOCK INDEX JASDAQ INDEX マザーズ指数 ヘラクレス指数
プロフィール

まさちゃん

Author:まさちゃん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月23日のマーケット7
23日
日経平均株価  17963.64 (-194.29)
出来高  21億8955万株
売買代金   2兆9011億円
 
23日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに大幅反落。終値ベースで1万8000円を割り込むのは、12日以来6営業日ぶり。前週末の米株安を受けて投資家心理が悪化し、幅広い銘柄に売りが出た。外国為替市場で円相場が一時約1カ月半ぶりの円高・ドル安に上昇したことで警戒感が出て、輸出関連株の買い手控えにつながり、6月28日以来約3週間ぶりに1万7900円を割り込む場面もあった。東証株価指数(TOPIX)も反落した。
円高・ドル安進行を受け、自動車株など輸出関連株には下落する銘柄が多かった。鉄鋼株には海外機関投資家の資金流入を指摘する声があったが、前週末に急上昇した後とあって利益確定の売りに押される場面も目立った。一方、東芝が年初来高値を更新したことをきっかけに、原子力関連株の物色が目立った。
円高警戒感がくすぶったほか、国内主要企業の第1四半期決算や、29日投開票の参院選結果を見極めたいとの空気もあり、様子見気分が尾を引いた。
市場では、米キャタピラーの決算不調で米国市場に不透明感が出てきた。国内は不安視するような状況ではないが、指数はもちあいを形成し、今来週にはどちらかに傾くのではないかとの声が聞かれる。75日線、100日線など中期移動平均線が下にあり、上昇トレンドが否定された訳ではないが、為替に危険な兆候がチラ付いており、慎重姿勢が要求される。

新興株式市場は下落した。マザーズ指数は反落、ジャスダック平均・ヘラクレス総合指数は、続落した。
ヘラクレス指数は先週末に引き続き年初来安値を更新、終値で初めて1400ポイントを割り込んだ。
市場では、国内材料としては4-6月期決算があるが、新興市場は決算発表が遅れる傾向にあるので、回復も時間がかかりそうだとの声が出ている。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり233、値下がり1430、変わらず64。
業種別は33業種中、値上がり5業種、値下がり28業種
スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dicamera.blog93.fc2.com/tb.php/117-b87a133d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。